お探しの方必見☆オフィス賃貸in大阪

top > オフィス賃貸の情報-大阪編- > 大阪のオフィス賃貸の傾向について

大阪のオフィス賃貸の傾向について

 現在の大阪のオフィスの空室率は、4.7%から3.3%まで減り、オフィスの需要が高まっていると考えられます。
需要が高まっているため、大阪のオフィス賃貸料は、上がっているかに思われますが、昨年度と比べても、大阪のオフィス賃貸料の上昇の幅にそれほど大きな変化は見られません。
大阪は、梅田の再開発を始め、グローバル社会に対応するために、様々な場所で、オフィスビルの建設がなされています。
オフィスの需要が高まる中、供給側もそれに合わせて増えている状況でもあり、そのため、大阪のオフィスの賃貸に大きな変化が現れていないと考えられます。
ただし、梅田の再開発が終われば、そこは大きなビジネスの拠点となる可能性も高く、大阪において、オフィス賃貸の地域格差が大きく現れる可能性が考えられます。

 大阪のオフィス賃貸における坪単価は、傾向として、梅田や中之島辺りがもっとも高くあります。
淀屋橋、本町なども商業施設として従来から有名であり、賃料が高い傾向にあります。
意外にも、住宅街が多く集まる千里中央も坪単価が高く、ビジネスでアクセスが便利な新大阪辺りよりも高い傾向にあります。
千里中央は、ニュータウン構想により高度成長期に建てられたマンションが老朽化しており、再開発がなされている場所でもあるため、その理由で大阪のオフィス賃貸が割と高い傾向にあるのかもしれません。
梅田や中之島に近いほど、200坪以上、大規模のオフィスは存在します。
新たに建てられた建物も多く、現代に合った建て方をしており、働きやすい職場を求められる場合は、梅田や中之島にある大阪のオフィス賃貸もお勧めです。

 従来においては、大阪の大動脈と言われる御堂筋線周辺に、大阪のオフィスビル賃貸に人気がありました。
梅田の再開発によって、ビジネス街である梅田にも商業施設が集まり、御堂筋周辺の人気に陰りが見えて来た時代がありました。
ただ近年は、観光地として海外に知られる中で、人が集まる地域として取り戻しています。
梅田や中之島に比べると、大阪のオフィスビル賃貸として安く借りられやすく、ビジネスを展開しやすい地区でもあります。
梅田や中之島も、そう遠くは離れておらず、他の企業との連携もとりやすくあるでしょう。
大阪市内のビジネスが行いやすい地区として、天王寺もお勧めであり、大阪のオフィス賃貸は、それほど多くありませんが、今後、阿倍野橋の発展が高まる可能性も高く、ビジネスに繋ぎやすい場所でもあります。

カテゴリー

PAGE TOP